熱中症に注意

今年も記録的猛暑になりそうな予感がします。梅雨が明けてから毎日最高気温を更新する日々が続いてます。

そしてその気温上昇に伴い増えているのが、熱中症患者の数。みんな気をつけているのでしょうが、その上を行く暑さなのか。

それとも、私は大丈夫と余裕ぶっていてのことなのかわかりませんが誰にでもなる危険性があるということで気をつけないといけないですね。

熱中症の主な症状は、めまい、頭痛、吐き気などだそうです。そして悪化すると命を失う危険もあるので注意が必要です。

夏バテかと思ったら熱中症だったということもあると思うので体調が悪いときは早急に休んで水分補給などの応急処置、そして少しでもひどい場合は病院を受診することが大事です。

そしてよく聞くのが、のどが渇いてから飲んでいては遅いということです。のどが渇く前にこまめに水分補給をしないと熱中症になってしまいます。

お年寄りや乳幼児が一番危険ですが、誰でもなる可能性があるとの認識を持って予防することが必要ですね。